« C79進行中 | メイン | C79入稿完了 »

第26回NAHAマラソン

12月5日に沖縄で開催された、第26回NAHAマラソンに参加してきました。

 COPYRIGHT(C)2010 ActiveWorks Inc.

フルマラソン参加は初でしたが、何とかサブフォー(42.195kmを4時間以内で完走すること)を達成してきました。

 COPYRIGHT(C)2010 ActiveWorks Inc.

上の写真は完走証と完走メダルです。
個人情報に係るところはモザイクを入れていますが、8日付の沖縄タイムス(別刷り)の完走者一覧にはこっそり名前が載ると思います。1,000位以内には入っていないので本日付の新聞に名前は出ていませんでしたが、2,000位以内には入っています。

昨年末に沖縄に行ったとき、行きつけの店の人に「NAHAマラソン参加しないの?」と言われて「何で自分はエントリしてないんだろ‥‥?」と思ってから一年、きっちり身体を作って参加して完走しておきました。
来年か再来年にはサブスリーを目指すつもりです。


NAHAマラソン当日ですが、天候や気温に恵まれ、良い感じに「曇り」でした。
12時半過ぎには晴れ間が見えて気温が上がってきましたが、その頃にはゴール寸前まで来ておりましたのでさほど困りませんでした。

走っていて思ったことは、私設エイドが多いということ。
それ自体は非常にありがたく、これがあったからハンガーノック状態にならなかったのだろうと思うのですが、皮をむいていないミカンやバナナを貰っても、皮をむいて食べるような悠長な事は言ってられません。約5km地点で皮をむいていないミカンを貰ったのですが、結局ゴールするまで食べられませんでした(ゴール後にやっと食べました)。
私設エイドで配っているものは水、スポーツドリンク、ミカン、バナナ、黒糖、塩、オレンジ、さーたーあんだぎー、アイス、コールドスプレー‥‥時間を気にせず気楽に行くならば、美味しいものが沢山食べられる楽しい行程になるのだろうなと思いました。

私設エイドに限らず、応援者が多く、走っていてテンションが上がるシーンが多々ありました。東風平(こちんだ)で吹奏楽の人達が「Runner」を演奏しているのを聴いて「こんなの聴いたら頑張るしかないよなぁ」と。
他にも「Y.M.C.A.」とか「鉄腕アトム」とか‥‥とにかく賑やかな印象を受けました。
ただし、具志頭~糸満市役所の間を除きますが。

フルマラソン参加は初だったので、基本的にペースは抑え目としました。
このため、息切れするシーンは殆どありませんでした。
1km当たり5分40秒がサブフォー達成ペースという事は事前に調べていたので、極力このペースを維持するように努めました。ただし、その一方で後半の膝や足首の関節の故障を危惧し、前半で少しは時間を稼いでおかなければならないと思い、前半は1km当たり5分ペースを確保していました。
13kmを超えた辺りから膝周りが少々怪しくなり、なるべく違う筋肉を使ったり、足の踏み込み位置を変えたりして前半をやり過ごしました。17km当たりで一度トイレを利用しましたが、その後、走り始めて速度を上げるまで難儀しましたので、歩いたら多分もう走れなくなるだろうなと思い、結局最後まで走り通しました。
その後、26km当たりで左膝の中心部分に異様な痛みを感じて「これはもう限界か?」と思いましたが「いや、知らん知らん‥‥」と誤魔化しながら走り続け、それから先は腕時計と距離表示とを見比べながら走り続けました。そうしている内に何とか痛みが引いたもののペースがなかなか上げられず、最後の5kmは、現在のペースと、サブフォー達成の残り時間とを計算しながら走り、何とか時間を残して奥武山公園のグラウンドに滑り込みました。

ゴールをした後、完走メダルと完走証を貰い、飲み物や食べ物を貰ってから撤収。
この時点で足首や膝の痛みが酷い事になっていましたが、何とかホテルまで戻る事が出来ました。
その日はホテルに泊まり、次の日(今日)の午前中に飛行機に乗って帰ってきました。
相変わらず足首と膝が痛いですが、整体に行ったところ、関節がどうこうという訳ではなく、単に筋肉痛との事です。ただ、1~2週間は走るのを禁止されてしまいましたので、暫くの間は自重する事になります。
丁度良い骨休めとして、暫くゆっくりします‥‥冬合わせの原稿が終わっていないので、気を抜くにはまだ早いですが。

About

2010年12月06日 16:00に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「C79進行中」です。

次の投稿は「C79入稿完了」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.37