« 2010年08月 | メイン | 2010年10月 »

2010年09月 アーカイブ

2010年09月04日

河口湖登山道タイムアタック

最近は富士登山系のエントリばかりですが、今年はこれで富士登山は打ち止めです。
公私共に色々と忙しくなるという事と、どうしても今年中に河口湖登山口からの登山所要時間を短縮しておきたかったという事もあり、こっそりと出かけて来ました。
‥‥実際には「もう二度と河口湖登山口には車で行かないので、今回は行き納め」という思惑もあったのですが(理由は後述)。


午前4時半頃にスバルライン料金所のところに車で到着したのですが、誘導員の人が先の車を止めて何か言っている様子。やがて自分の車のところまで来たのですが「登山口の駐車場が満杯で、1km以上歩いて貰う事になる」とのこと。
近年の登山ブームでかつてない程の車が来るようになったとの事ですが、料金所の手前で立ち往生じゃなければ良いやという事で往復料金2,000円を払って料金所を通過。そして本当に1km以上(実際には1.4km程度)手前の駐車スペースに停めさせられる事となりました。
実際のところ、登山口までの道路が有料なのは河口湖登山口だけでして、それだけの金額を払ってこの待遇であれば、大人しく他の登山道に行った方がマシというのが正直なところです。スバルライン料金所から登山口までは相当の距離を車で走らなければならず、健脚であればそれこそ馬返しに車を停めて駆け上がった方が時間的にはさほど変わりませんし少なくとも2,000円も払わなくて済みます(以前は馬返し駐車場で車上荒らしがあったらしいので注意は必要ですが)。

さておき。
駐車スペースに車を停めて前回と同様の軽装で登山開始。
先ずは身体を慣らすために登山口まで走る事にした訳ですが、他の登山者を追い抜く毎に「走ってるよ‥‥」というような事を言われました。傾斜のあるアスファルトを走る位、さして珍しいものではありませんよ、多分。
大体15分位掛け、午前5時頃に登山口に到着。ご来光には少し早い時間でしたが、徐々に周囲は明るくなっていました。個人的にはご来光には「全く興味が無い(何年か前に剣が峰で見たため)」ので、ご来光目的の登山をする気は全然ないのですが。

以下、リザルト。

05:03 ‥‥ 登山開始(河口湖口5合目登山口)
05:17 ‥‥ 6合目安全指導センター到着
05:41 ‥‥ 7合目到着
05:55 ‥‥ 本7合目鳥居荘到着
06:11 ‥‥ 8合目太子館到着
06:32 ‥‥ 8合目元祖室到着
06:44 ‥‥ 本8合目富士山ホテル(富士登山競走8合目関門)到着
06:55 ‥‥ 8合5勺到着
07:09 ‥‥ 9合目到着
07:22 ‥‥ 山頂(富士登山競走ゴール地点)到着

07:28 ‥‥ 下山開始
07:50 ‥‥ 8合目江戸屋到着
08:18 ‥‥ 7合目トイレ到着
08:31 ‥‥ 6合目安全指導センター到着
08:44 ‥‥ 河口湖口5合目登山口到着

登山所要時間2時間19分、下山所要時間1時間16分でした。
上記のそれぞれの時間帯の場所において、紺色の上下を着て軽快に走っている(または早歩きをしている)人がいたら多分それは私です。

以前は防寒対策の厚着をして、杖をついて登ったものですが、最近では薄手の上下と軽いリュックサックと運動靴という格好で杖も使わずに駆け上がっている辺りに隔世の感があります。まあ、所要時間を短縮するためには軽装であるに越したことはなく、まだまだ時間を短縮出来る実感はありますので、将来的には登山所要時間を1時間半まで削りたいところです。
現時点の状況では、富士登山競走山頂コースにおいて、スタート地点から2時間5分で安全指導センターまでたどり着けば4時間半以内の完走は出来る事となります。結構現実的な時間なので、来年までみっちり訓練して、来年の本番に備えるつもりです。

下山してきても乗ってきた車の場所まで1km以上歩かなければならず、周囲の景色を眺めながら道路を歩いた訳ですが、午前9時時点で駐車場は見事に満車。しかも駐車待ちの車が登り車線で大渋滞しており、大まかに数えただけでも100台以上。更に言うと、そんな状況であるにも関わらず次から次へと車が登ってきており「わざわざ長時間待たされてまで富士山に登りたいものなのか」と思ってしまいました。
そして、この状況を見て「なるほど、だから富士登山競走は平日に開催するのだな」と納得した次第。休日開催だと登山道は混雑しますし、選手を富士吉田市役所に下ろすためのバスも走るのに往生します。登山ブームも良し悪しですね。
そんな事もあり、今後は余程の事が無い限り、車では河口湖登山口まで行かないつもりです。まあ、富士登山競走に参加する限り、嫌でもここには来る事になります(完走後にここから富士吉田市役所行きのバスが出ます)し、本番同様の状況で練習をする場合もまた然りですが。


現状の記録。

・河口湖口登山道‥‥登り:2時間19分 / 下り:1時間16分
・富士宮口登山道‥‥登り:2時間50分 / 下り:1時間40分
・須走口登山道‥‥‥登り:3時間33分 / 下り:1時間50分
・御殿場口登山道‥‥登り:5時間55分 / 下り:2時間30分
・吉田口登山道‥‥‥登り:3時間45分 / 下り:2時間47分
・富士吉田市役所~河口湖口登山道(五合目)‥‥2時間21分
 ※富士登山競走五合目コース

来年7月には富士登山競走の練習を兼ねて、富士宮、須走、御殿場の各登山道の所要時間をまとめて更新したいところです。
取り敢えず、普通の人には「全く参考にならない」記録ですので、その点は誤解なきよう宜しくお願いします。

2010年09月15日

ランニング

今冬、NAHAマラソンのフルマラソンの部にエントリーしており、そのためにほぼ毎日ランニングをしています。距離としては1日当たり5km~12km程度ですが、徐々にその距離と頻度を増やしていく予定です。
何気に今冬がフルマラソンデビューでして、5km、10km、ハーフマラソン等を飛ばしていきなりフルマラソンという辺りに無茶を感じている訳ですが、何分せっかちな性分なのでこの辺りは大目に見て頂けるとありがたいかなと。
今回は完走とサブフォーを目指したいところですが、将来的にはサブスリー達成までを目標としています。ど素人がいきなり42.195kmを3時間以内で走りきれる筈がないので、淡々と練習を積み重ねて、気がついたら目標を達成していたという雰囲気に持って行ければ最高かなと考えている次第です。

2010年09月28日

10 years

2000年10月1日に、創作団体「ActiveWorks(アクティブ・ワークス)」は設立しました。
あと3日で設立から10年が経過する訳なのですが、流石に「過ぎてしまえばあっという間」とは思えず、ただ、過ぎ去ってしまった時間に色々な思いを馳せる日々を送っています。
感傷的になっても仕方が無く、そうかと言って楽観的に考えるつもりも無く。
この10年という時間が齎したものは何か、失ったものは何か。それを真っ向から見据えた上で、この先の立ち居振る舞いについて考えなければならないのだろうなと、そう考えています。

ただ、長い時間を過ごすだけで何かが得られる訳ではなく。
その場に留まりたければ全力で走り、前に進みたければ更に倍の速度で走らなければならず。
組織というものは単なる箱に過ぎず、中身はあくまでも人であり、人の意志により、人の手足を動かし、中身を作り上げて行かなければならないでしょう。

喩え後ろを向いていても前向きに。
それを今後も続けて行く事が出来れば良いなと考えていますし、そう在り続けるべく弛まぬ努力を積み重ねる事にします。

About 2010年09月

2010年09月にブログ「ActiveWorks blog」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2010年08月です。

次のアーカイブは2010年10月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.37