« 2010年06月 | メイン | 2010年08月 »

2010年07月 アーカイブ

2010年07月01日

2010年後半戦

2010年も半分終わってしまいました。
2010年前半ではsymfony 1.0 / 1.4の学習とか、Flash ActionScript 2.0 / 3.0及びProgression 4の学習とか、iPhone SDKの学習とかいったプログラム回りの事を色々とやっておりました。
他にもCMS(Contents Management System)の構築をやったり、動画周りの事をやったりと、何だかんだ言って色々な勉強をしているという状況です。新しい事ばかりやれば良いという訳ではないですが、学ばなければならない事は多々ありまして。

変わり種としては、Cygwinの環境構築や、MacOS X(Snow Leopard)での公開サーバ構築などをやっておりました。環境依存系の事に注意しなければなりませんが、MacOS Xの方はそこそこ順調に出来ました。
一方、CygwinはDLLや共有ライブラリ周りで色々あったり、どう頑張っても正常にコンパイル出来なかったり動かなかったりするオープンソースがありまして、色々と難儀した次第です。


C78向け頒布物の原稿を書いています。
昨年冬の頒布物の続編という事で、ちまちまと本文を書いていますが、色々と課題を設けて書いているのでそれなりにコストは掛かりそうです。同じことを続ける事も多分に結構な事なのですが、逆に同じことばかり続けても進歩がありません故。


無事に山開きしたようなので、今週末は富士登山に行ってくる予定です。
なお、暑中見舞いには少し早いので、それはまた別の機会にします。

ちなみに、今年は富士登山競走に出場する予定ですので、時間を見つけてランニングしています。なお、今年からは一定条件を満たさないと山頂コースにエントリする事が出来なくなりましたので今回は五合目コースでのエントリです。
取り敢えずは2時間半以内に完走する事を目標に。

2010年07月04日

富士登山2010

須走口から登って来ました。

 COPYRIGHT(C)2010 ActiveWorks Inc.

上の写真は、須走・吉田ルート登山道の山頂付近の鳥居です。
「ここまで来たらゴールは目前」という場所のため、記念撮影している人が多いです。

さておき。
五合目登山口から山頂までの所要時間は3時間33分。
「取り敢えず休憩しないで登ろう」と心掛けていたら自己ベストの時間を更新(以前は3時間59分が自己ベスト)して登頂してしまいました。杖は使わなかったものの体力残す歩き方をしていたので、時間短縮を目的とすれば3時間を切れるのではないかと思います。
なお、下山所要時間は1時間50分。以前に同じ時間で下山した事がありますので、下山については記録更新はありません。
今回は複数人数で登山の予定だったのですが、色々とあって単独登山でした。そのため黙々と登山に励んだ訳ですが、自宅の玄関を出てから帰ってくるまでの所要時間が9時間55分だったので、記録としては及第点でしょう。

現在進行形で筋肉痛ですが、いつも必ず痛んでいたはずの膝が全然痛くなく、足の皮が擦り剥ける事もなく。富士登山競走目的に5~15km程ランニングを継続しているのが功を奏しているようです。
富士登山競走は7月23日(金)ですので、それまではランニングを継続する予定です。

2010年07月23日

富士登山競走2010

第63回富士登山競走に参加し、五合目コースを走って来ました。
まず結論から言うと無事に完走して、完走記念のバスタオルを貰って来ました。
ちなみに完走までの所要時間は2時間30分以内だったので、現行レギュレーションが維持されるならば来年は山頂コースにエントリ出来ます。
※今年からレギュレーションが変わり、山頂コースは、過去数回の大会にて山頂コース五合目関門突破または五合目コース完走の時間が2時間30分以内でなければエントリ出来なくなりました

今のところは、来年は山頂コースにエントリするつもりですが、それまでに片付けなければならない課題は多いようです。何気にこの手の大会に参加するのは初ですが、雰囲気は掴めましたし、課題も具体的に見えてきたので、後は淡々とトレーニングに励む事になるかなと思っています。

実は、エントリして参加が決まったとき、周囲からは「どうしてこうなった」とか「よくやる」とか言われましたが、当の本人がそもそもなんで参加しようと思ったかを忘れてしまっています。「運動不足の解消」「せっかくだから」「マラソン界のグランドスラム(フルマラソン3時間以内完走、100kmマラソン10時間以内完走、富士登山競走山頂コース完走をすべて達成すること)を目指そう」「日本一過酷なレースか、面白い」とか挙げれば色々あるのですが、まあ、目的意識を持って取り組む事は良い事なのかなと思っています。


実際の登山競走当日がどうだったかという話については明日辺りに書くつもりです。
※現在進行形で筋肉痛が酷くて考えがまとまりません

2010年07月24日

富士登山競走2010後日談

久しぶりに長文です。

左の鼠径部(腿の付け根)が筋肉痛で、左足を一定の高さ以上に上げると痛い状況です。右足の脹脛も痛かったのですが、それは処置したら大分緩和されました。後は右のあばら骨の下当たりも微妙に痛い状況です。
実はこれらの筋肉痛は全て足を動かす筋肉に係るところです。筋肉を酷使しすぎたための筋肉痛との事ですが、右足の脹脛以外のところは富士登山競走の前日には既に痛みを覚えていた訳です。そしてそれが当日になって悪化したというのが事の次第だったりします。
暫くは筋肉を休ませなければならないので、ここ2~3ヶ月、ほぼ毎日続けていたランニングは暫くお休みです。とは言え、12月にはフルマラソンに参加する予定ですので、あまり長い時間お休み出来ないのですが。


さて、先日の富士登山競走当日の様子です。

午前3時頃に家を出て、車で富士吉田市目指して出発。午前5時ちょっと前に現地に到着し、臨時駐車場に車を止めてそこからシャトルバスで富士吉田市役所に到着しました。ちなみに臨時駐車場のバス乗り場は道路沿いにあり、駐車場内にある行列に最初並んでいたのですが、それは単なるトイレ待ちの行列でした(ここはコミケみたいに「トイレ最後尾」のカードが欲しいところです)。

富士吉田市役所では中庭及び駐車場に山頂コースと五合目コースの受付がある他、スポーツ用品の販売スペースがあって、スポーツ飲料、サングラス、ウエストポーチ等の類が販売されているほか、シューズやスパッツ等のレンタルもやっていました。
五合目コースの受付で誓約書とアンケートを提出してナンバーカードやRCタグ等を受け取り、五合目荷物受取所で受け取りたい荷物(着替え等)をビニール袋に入れて発送所にて引き渡し。
人がやたらと多くて(参加人数は過去最多の4,686人とのこと)落ち着かない上に五合目コースのスタートは8時30分(開会式は8時)と時間があるため、少し離れたところにあるファミレスで朝食。この時はトーストを食べましたが、走るときは白米を食べた方が良いらしいです。

食事をして用を足した後に富士吉田市役所に戻ってきて、開会式に参加した後でスタートラインに。ナンバーカード(ゼッケン)の番号によりスタート地点が異なります。初参加の自分は少々後ろの方に並ぶ事になりました。
この日は快晴で空には殆ど雲は見えず。五合目付近の気温は開会式時点で21度と高く、辛いレースが予想されました。

五合目コースは午前8時30分にスタート。
参加人数は2,347人と多く、スタート地点到着時点で既に1分20秒ほど経過。スタートロスは80秒といったところです。500mほど走ったところで左折し、そこからは2kmほど勾配のある坂を大群に紛れて駆け上がります。
その後は浅間神社の横にある給水所を抜けて行きます。この給水所はスルーしましたが、プラ製のコップが多量に足元に散乱しており、給水を受ける人はもう少し行儀良く出来ないものかと思った次第(一応、給水所の先に回収場所があります)。
給水所を抜けて暫く進むと勾配のある大通りに出ます。そこから3km程走ると中ノ茶屋(スタート地点から7.1km地点)という場所に着くのですが、ここまでで歩く人はまず見かけません。とは言え走る速度は人によって異なり、早い人は地道に前を走る人を追い抜いて行きます。とは言え勾配があるので後の事を考えるとそれほどペースを上げる訳には行かないというのが辛いところですが。
実はこの時点で右のあばら骨の下の部分が結構痛かったりします。気を紛らわしながら走っていましたが、少々辛かったのは事実です。

中ノ茶屋で給水。
水以外にもスポーツ飲料や、レモンや、小梅等が提供されています。
日差しが強いため水分はしっかり取っておかないと脱水症状になるという事でしっかり飲ませて貰いましたが、飲む以外にも「頭に水を被せてくれる」人がいて、頭から肩にかけてびしょ濡れにされました(が、直ぐに乾きました)。
中ノ茶屋から先は荒れたアスファルトの道路を3.5km程走ります。体力はまだまだ余裕があるものの先ほどの痛みが悪化したため時折歩きながら進む事となりました。ちなみに、勾配が一気に急になる事もあり、この辺りから急にペースを落とす人が多くなります。

そして中間地点(10.6km)の馬返しに到着したのが1時間10分。
ここにも給水所があるのですが、前情報で「馬返し到着が1時間10分を超えると遅い集団に呑まれてしまい登山道が厳しくなる」と聞いていたので「これはまずい」と思ったのですが、あまり無理して途中で倒れたら本末転倒なので、筋肉痛をだましつつ先に進むことに。

馬返しから先は岩場の道程を進む事となります。
道は勾配が急な上に狭く、また、人が多いため先が詰まり、なかなか速度を上げる事が出来ません。体力を余しつつも前が詰まっているのと筋肉痛があり、少しでも勾配が緩いところでは速度を上げるものの、それ以外の場所ではなるべく早歩きというペースで進みました。
ここから先になると立ち往生したり、救護スタッフに救護を受けたりする人が目立つようになります。脱水症状を起こして倒れている人もいましたので、水分だけはしっかり取っておかないとダメだと思いました。

二合五勺が最後の給水所。
迷彩服のような服を着た小さい子達が次々と水の入ったプラコップを供している姿が印象的でした。ここでとにかく水を補給して、後は気力で勾配が急な岩場を登る事に。そして五合目(14.4km地点)に到着した時点で2時間10分が経過しており、目標としていた2時間20分まで残り10分という自体に。これからラストスパートと思って踏み込んだ1歩目の右足脹脛がいきなり攣ってしまい「ああ、ダメだこりゃ」と。
10秒ほどかけて右足脹脛を揉んで歩ける事を確認した後に、右足をだましだまし出来る限り速い速度で前に進みました。このとき、左足脹脛も攣りそうな感じだったのですがこれ以上タイムを遅くする訳にも行かないので無理はせず。

そして舗装路に出て、ゴールを目視。
本当はここで走りたかったのですが件の事情により走るのは無理。
走れないまでも出来るだけ速い速度で進んで‥‥ゴール。
速報ベースで2時間21分(1,000位以内)との事ですが、スタートロスを除けば一応2時間20分を切ったかなと思っています。
ちなみに時間計測はRSタグというものを使っており、これは両足のシューズにビニタイで括りつけるものです。五合目コースの場合はスタート地点、浅間神社、馬返し、ゴール地点に時間を計測するための機器一式それぞれ設置されており、チェックポイントに敷かれたマットをRSタグが付いたシューズで踏み越える時に時間が記録されます。
※runnet.jpでは自分の記録が見られます(7/24現在は速報の参考タイムのみですが)

ゴールはしたものの、そこで座り込める訳ではなく、そこから河口湖五合目登山口まで1km以上歩く事となります。その途中に給水所、弁当配布場所、預けた荷物の引き取り場所があり、それぞれに立ち寄った後に河口湖五合目登山口まで辿り着いてようやく一服。
とにかく登山者が多く、馬糞の臭いが漂う中で食事(雲上閣という建物の3階が休憩所になっていますが、そこまで歩く気力がありませんでした)。配布された弁当はおにぎり3個セット(昆布、鮭、梅)で、時間を掛けて食べきった後、そこから更に800m程歩いて下山バスに。
スタッフが「出来るだけ早くバスに乗って下山して下さい」と言っていましたが、この意図は後で知る事となりました。バス乗り場まで下山者の行列が出来ており、早めに乗らないと延々と待たされる事となります。15分程並んでバスに乗って、そこから30分以上バスに揺られて富士吉田市役所まで戻りました。
富士吉田市役所に戻ってきたら、五合目コース完走記念のバスタオル(色は黄色、ピンク、青、緑の4色があり好きな色を選べる)を1枚貰い、市役所中庭で無料で提供されている吉田うどんと麦茶を貰い、一息ついたらシャトルバスで駐車場まで戻って車に乗って着替えて帰宅しました。
帰宅したのが午後3時30分頃でしたので、出発から帰宅までドアツードアで12時間半といったところです。


完走して思った事は「日本一過酷なレースと言われる理由がよく分かった」です。
色々と不本意なアクシデント(主に筋肉痛)がありながらも、山頂コース参加資格である「五合目コース2時間30分以内完走」を達成出来ましたので一応の及第点として良いのかなとも思うのですが、その一方で認識不足や訓練不足が大きいなと思っています。
コースの性質としてはスタート地点から中ノ茶屋、中ノ茶屋から馬返し、馬返しから五合目ゴール地点の3つに分類されるのかなと思うのですが、それぞれで必要とされる筋肉の部位が異なり(特に馬返しから先は「マラソン」ではなく「登山」になります)、また、15kmの長丁場という事もあり、気力云々でどうにかなる物ではなく、ひたすら日々の努力の積み重ねが物を言うのだろうと思いました。それはただ平地を走るだけではなくて、勾配が急な坂や階段を駆け上がったり、まとまった回数のスクワットを練習に組み入れたり、暑さや直射日光への耐性を上げたり、また、特に自分の場合は「筋肉を休ませる」事が必要なのだと実感した次第です。

来年は山頂コースに挑戦する予定ですが、その時は今回のような不本意なアクシデントが無いようにしたいところです。願わくば、その際には山頂コース完走(4時間30分以内に山頂まで到達すること)したいところです。
「階段LSD」というものが効果的という話を聞いたので、先ずはそれを試してみます。

2010年07月29日

暑中見舞い

毎年恒例の暑中見舞いを投函して来ました。

 COPYRIGHT(C)2010 ActiveWorks Inc.

場所については云うに及ばず。
富士宮登山口から出発し、山頂で暑中見舞い葉書を投函し、御鉢巡りをして帰ってきました。

平日であるにも関わらず、夏休みシーズンのためか人が沢山いました。
外国人観光客も数多く見られ、昨今の登山ブームと外国人観光客の増加を身近に実感した次第です。

どうでも良いですが、山頂郵便局の前で写真を撮られました。
若しかしたら某所のホームページに掲載「されるかも知れない」と言っていましたので、取り敢えずサングラスは掛けさせて頂きましたが。普通のジャケットを上に着ていたのですが、何を勘違いされたのか「背広姿で登っている人は珍しい」と言われまして。
私の格好よりも、その日山頂で見かけた「リ●ックマの着ぐるみを着て」登山している人の方が珍しいと思うのですが。


今回の登山所要時間は2時間50分、下山所要時間は1時間40分でした。
富士宮登山道は登山道と下山道が同じである上に道幅が狭く道程が険しいため、人が多い時期はどうしても時間が掛かってしまうのがデメリットです。それでも、以前より所要時間を短く切り詰める事が出来たので個人的には満足ですが(出来れば登山所要時間は2時間半を割り込みたいところです)。
あと、今回は道中で軽装(マラソンに参加するような服装)の人を数多く見かけました。富士登山競走は既に終わっているので、富士登山駅伝参加予定者の練習なのかなと思いましたが、車道にはみ出して走るのは流石に勘弁して頂きたいと思った次第。

ちなみに現時点の最高記録は下記の通り。

・富士宮口登山道‥‥登り:2時間50分 / 下り:1時間40分
・須走口登山道‥‥‥登り:3時間33分 / 下り:1時間50分
・御殿場口登山道‥‥登り:5時間55分 / 下り:2時間30分
・河口湖口登山道‥‥登り:3時間55分 / 下り:2時間11分
・富士吉田市役所~河口湖口登山道(五合目)‥‥2時間21分
 ※富士登山競走五合目コース

折を見て記録は更新したいところです。

About 2010年07月

2010年07月にブログ「ActiveWorks blog」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2010年06月です。

次のアーカイブは2010年08月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.37