« ついった考察 | メイン | 9 years »

読書

A.R.ホックシールド「管理される心」を読んでいます。
感情労働について取り上げている本で、こと人間相手の商売をしている以上は読んでおくべき本であろうと考えています。ただ、冒頭部分を軽く読んだ限りでは思想哲学的な内容を含んでおり、言い回しも少々難解なところがありますので、多分に読む人を選ぶのだろうなと思いました。
分量がかなりありますので、読み切るまでにある程度時間は掛かりそうです。

「管理される心」を読み終えたら、時間を見つけて積読になっている思想哲学書を読み漁りたいところ。具体的にはヘーゲル「論理学」、ハイデカー「存在と時間」、キルケゴール「死に至る病」辺りです。あと、筒井康隆「虚構船団」、乙一「暗いところで待ち合わせ」辺りも読み進めたいところ。
ラノベについて少し思うところがあり、有名どころを数冊つまんでみようかと思っています。漫画版「涼宮ハルヒの憂鬱」は1巻で放り投げてしまいましたが、ラノベ版だとどうだろうかと思案中。他に有名どころと言えば「ひぐらしのなく頃に」なのでしょうけれど‥‥そんなに何冊も読んでる時間があるか微妙。


twitter、投稿数600くらいつぶやいてみましたが、色々あるなと思いました。
気がつけば(特に何もしていなくても)フォロワーが増えており、自分の書いているものの何が面白いんだろうと思ってみたり、どこからどうやって自分を探し出しているのだろうと思ってみたり。色々と忙しくなってきましたので、後はのんびりと、ちまちまと書いていこうかなと思っています。

About

2009年09月28日 21:32に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ついった考察」です。

次の投稿は「9 years」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.37