« 2009年07月 | メイン | 2009年09月 »

2009年08月 アーカイブ

2009年08月02日

Round 2

先週中頃から修羅場第二ラウンドに突入しています。
C76周りの作業がまだ終わっていないという事もあるのですが、仕事周りでも作業が積んでいてそろそろ色々な意味で詰みそうな状況下にあります。愚痴っている暇があったらさっさと作業に取り掛かって終わらせろという話もあるのですが、現在は連絡待ちの部分もあるので、今のうちにblogを更新しておこうと思った次第です。

C76予約・通販の申込みはぽつぽつ来ています。
そして、現時点までに受領した分はすべて返信済みです。

とにかく、仕事周りの作業の積み具合が半端じゃない状況なので、何とか早急に巻き返しを図りたいところです。あんまり作業を停滞させると取引先から怒られるどころの話じゃなくなりますので。

2009年08月06日

携帯電話修理完了

結果として基板交換、Felicaチップ交換、SIMカード交換、カバー交換‥‥と、殆どの部品を交換しました。交換していないのはバッテリ位でしょうか。修理代(と言ってもカバー交換の1,400円ですが)ドコモポイントで支払いましたので支払額は0円。傍目にはぴかぴかになって帰ってきました。
液晶部分に貼ってあるシール群も復活していましたので、以前と同様に数ヶ月は放置です。
取り敢えず、(壊れたら困るので)大切に扱おうと思いました。

2009年08月07日

作業環境

ちょっとだけ作業環境がアップグレードしました。

 COPYRIGHT(C)2009 ActiveWorks Inc.

机の周りを片付けて、WACOM Intuos 4を設置しました。
写真で見るとあまり大きいように見えませんが、ディスプレイはEIZO FlexScan HD2452Wで、タブレットはWACOM Intuos4 Large PTK-840/K0(入力領域325.1mm x 203.2mm)です。写真ではタブレットに傾斜がついていませんが、傾斜がついていた方が描きやすいので、実際に使うときにはタブレットの下敷きにSATAのハードディスク(250GByte)を2枚並べて敷いています。近日中にゴム板を調達してタブレットの裏にキズが付かないようにする予定です。
で、そのタブレットですが「でかい方が使いやすいだろう」と思いきや、描画領域が大きいため使っていて少々疲れます。慣れの問題だと思いますし、使い方を考えれば便利ですので、色々と勉強しながら使ってみる事にします。
まあ、当面はAdobe Illustratorしか使わないのですが。

ちなみにディスプレイに写っているのは昨年末にリリースした「cresc. volume:1.0」の元データです。C76ではcresc.の新作をリリース予定ですが、そちらのジャケット絵は変更される予定となっています。


C76周りの作業と、仕事周りの作業で詰んでいます。
C76周りの作業は実質明日が〆切でして、ひたすらパスオブジェクトを生成している次第です。そして仕事周りは‥‥開発関連の細かい作業と、年末に向けたシステム開発案件群の仕様書作成でドタバタしている次第です。色々あって仕様策定のスケジュールが延び延びになっていたので、そろそろカタチにしないと後の進行に響くのですよ。

取り敢えず、今月中に一通りの作業をある程度進捗させておきたいところです。

2009年08月09日

[C76]作業ほぼ終了

ようやくC76向け作業がほぼ終了しました。

COPYRIGHT(C)2009 ActiveWorks Inc.

「ほぼ」と含みを持たせている理由は‥‥まぁ、訊かないで下さい。
釣り銭の用意は出来ているので、取り急ぎやらなければならないのは団体公式の更新と、当日のサークルスペース向けの用意でしょうか。今回はPOPの方も少し凝ってみようかなと思っていますので、後で文具屋に小物を調達しに行ってきます。


散々泣き言を言ってきましたが、C76進行は本当に「修羅場」でした。
極力「修羅場」という言葉は使いたくないのですが、今回ばかりはその言葉を使うべきかなと思っています。詳細については多くは語りませんが、仕事の進行が詰んでいる中でB6サイズの本2冊と音楽CD1枚をリリースするのは無茶にも程があると思いました。

仕事の方に割り当てるべき稼動の多くをC76進行に割いてしまったので、これから仕事の方に稼動を割り当て直す事にします。今月末までには仕事の方のスケジュール進行を通常運行に戻したいところです。


上の画像(ディスプレイ内に映っている壁紙)は、手元の手書き原画を元にAdobe Illustrator CS3で作成したものです(作成手順はcresc. volume:1.0のジャケット絵と同じです)。
手書きのものがちゃんとデータ化されるというのは、出来上がりを見るとなかなかに達成感を感じるものですが、その代わりにちゃんとデータ化する手間というものは結構なものになりまして、相応に時間も掛かるものだったりします。

確かAdobe Illustrator 8を調達したのが1999年の頃ですから、何だかんだ言って10年近くIllustratorと付き合っている事になります(8->9->10->CS2->CS3とバージョンアップしています)。本格的に使い始めたのは2003~2004年に連載していた漫画「Yo! Yo! 段差」からですが、当時は団体内製で同人音楽CDのジャケット絵を作るなんて考えてもいませんでした。内容はともかく、外見は自分達以外の誰かが作ってくれればそれで良いと思っていましたが‥‥人生、分からないものですね。

取り敢えず、いい加減クリッピングマスクの使い方は覚えようと思いました。
そう言えばIllustratorの参考書は買った事も読んだ事もありませんよ‥‥MdNを創刊号から殆ど全部揃えているのだからちゃんと読んで勉強すれば良いのに、考えるだに勿体無い話です。

タブレットを調達しましたので、今度はペイント系ツールの使い方を学ぶつもりです。
Photoshop CS3ならば手元にありますが‥‥saiとかPainterとか使った方が良いのかしら。
お絵描き掲示板のツールの使い方も覚えたいところではありますが。

2009年08月11日

ジャケ絵

団体公式の方で「CRESCEND VOLUME:1.0+」のジャケ絵を公開しました。
折角なのでもう少しだけ大きい絵のバージョンをこちらで公開しておきます。

COPYRIGHT(C)2009 ActiveWorks Inc.

で、まあ‥‥素材が手元にあったら「遊びます」よね?
そこでIllustratorを使って10分ほどの時間を無駄遣いして出来た絵が以下のものです。

COPYRIGHT(C)2009 ActiveWorks Inc.

‥‥ついカッとなってやった。
ヤンデレ風味が出せればそれで良かった。
反省はしていない。

というか「ヤンデレ」っていうより「お葬式」な雰囲気がしていない事もないような。
楽器を包丁やバールのようなものに持ち替えさせるとより一層ヤンデレ風味(主になつみSTEP!のおまけFLASHやnice.boat的な意味で)が出てくるような気がしますが、そんな事している暇はまったく無いのでこの辺りで止めておきます。

ああ、C76にはヤンデレ版は持って行きませんよ?
持って行ったら普通に関係者に怒られそうなので自重しますですハイ。

2009年08月12日

[C76] 団体公式更新

既に何人もの方からお問い合わせ頂いております「CRESCEND VOLUME:1.0+(cresc.)」ですが、ようやく予約・通販がREADYとなりました。団体公式の方は既に更新済みでして、後はこれまでにお問い合わせ頂いている方に対する返信を行なう事となります。
ギリギリまでお待たせしてしまい、本当に申し訳ありません。

理由につきましては「諸事情により」としかお答え出来ません。
どうしてもその辺りの詳細を訊きたい方はC76当日に売り子(主に自分自身的な意味で)とっ捕まえて訊いて下さい。


一応、手元には「cresc.」の完成版があるのですが、何て言うか「遠いところに来たんだなぁ」と思う次第です。ライナーノーツには書きましたが、最初に自前で音楽CDを作ろうと思ったのは2003年頃なんですよ。その時に思い描いたアイデアが幾つかあって、それが形に出来たのが2008年冬にリリースした「cresc. volume:1.0」であり、今回の「cresc. volume:1.0+」だったりするわけです。
音楽とも絵とも縁遠かった団体が、100%内製で音楽CDを作れるようになった、そして実際に出来上がったものが手元にあるという辺りに感慨深いものを感じる訳でして、だからこそ「遠いところに来たんだなぁ」と思う次第です。

‥‥まぁ、今はこれ以上は語りません。
続きはC76が終わってから書こうかなと思っています。

2009年08月15日

C76当日

今更ですが、東Qブロック22a「ActiveWorks(アクティブワークス)」にてお待ちしております。
ただし、15時過ぎには撤収予定ですが。


-2009.8.15 20:30-
と、言うわけで無事に終了して帰宅しました。
サークルスペースにお越し頂いた皆様、ありがとうございました。

当日頒布物は「Solaris10 Patch Book Revision #1」「酒本補稿」「CRESCEND VOLUME:01+」の三種類でしたが、無事に予定数を頒布する事が出来ました。既に通販受付を行なっている分につきましては17日以降に対応を行ないますが、通常通販対応も引き続き行ないますのでどうぞ宜しくお願いします。
※後日、団体公式を更新します

2009年08月16日

C76終了

通販対応は未だ残っていますが、それ以外の事柄については基本的に終了しました。
団体公式の更新も行ないましたので、後は淡々と対応する事になりそうです。

団体創作物関連の本格的な活動は2003年冬(C65)から行なっているのですが、今回で一応の区切りとなります。「Solaris10 Patch Book」と「酒本補稿」の後書きには書きましたが、団体(ActiveWorks)名義でのCOMIC MARKETへの参加は今回がラストですので、次回以降については、仮に参加するならば別名義によるものになるか、或いは団体関係者個々人によるものとなります。
実際のところ、5年以上の時間が経てば周囲を取り巻く環境も大きく変化するものでして、その環境の変化に伴い人も組織も変わる事となります。必ずしも変わる事が良いとは言えませんが、そうかと言って変わらなければ良いとも言えません。ただ、確実に言える事は、よくよく考えて最善の結果を得るために最大限の努力をするべきという事であり、ただ状況に流される事や、良い結果が得られるかも知れないという楽観的な考えを持つ事は、究極的に後悔を伴い得るものであり、それらは全力で排斥すべきであろうと考えています。

不景気なご時勢ゆえ先行きは分かりませんが、未来に向けて最大限の努力をし、具体的に、確実に積み上げるという事は絶対に必要な事であろうと考えています。仕事にせよ、創作活動にせよ、普段の生活にせよ、人間関係にせよ、それは何ら変わる事はなく、特に差別化する事もありません。
そのために、自分や、自分を取り巻く環境をよくよく分析し、考え、理解し、行動に結びつける。そのような一連の行為は常日頃から弛まず行なうべきであろうと、そう考える次第です。

2009年08月19日

C77

C77の郵送申し込みの〆切は今日です。
オンライン〆切はもう少し先のようですが。

前のエントリでは書きましたが、団体名義での参加はありません。
団体関係者個々人での申し込みはあると思いますが、当落については別問題です。
申し込みして当選したら何かしらリリースするとは思いますが、現時点では何とも言えません。
※既刊の頒布委託に関しても現時点では何とも言えません

個人的な話をさせて頂くと、そろそろ創作畑に戻りたいなと思っています。
「段差」が創作だったかどうかは判断の分かれるところですが、その前はオリジナルの小説とか絵とか描いていましたし、その時に書き溜めたネタは未だ全然消化されていませんから。大体1998~2002年頃のネタなので陳腐化している向きはありますが、リメイクすれば全然イケる雰囲気ですので、まぁ、折を見て少しずつ手直しをしてみようかとは思っています。
評価されるかどうかはともかくとして、自前でイチからコンテンツが用意出来るのであれば少なくとも著作権的にはクリーンなものになるでしょうし、後はどうやってメディアミックスを行なうかとか、知名度を上げるための宣伝手段をどうするかといった事柄を考えるだけでしょう。
少なくとも、小説や絵や音楽を単品でゼロから売り込むのは難しい話ですので、上手くメディアミックスして行かないと仮にどれだけ良いものを作っても手にとって頂けません。今ではYouTubeとかニコニコ動画とかpixivとかお絵描き掲示板とか色々なツールがありますので、その辺りを上手く活用する事になるのかなとは思っていますが。
とは言えspamよろしく広告を絨毯爆撃しても意味がないので、ユーザ視点に立ったやり方を考えないとならないでしょうね。少なくともインターネット利用者の大多数は広告宣伝に対して食傷気味なところがありますから。

今まで「Solaris本」「酒本」「会社経営本」等の文字ばっかりの本を幾つも出してきましたが、それ自体が嫌という訳ではなくて、5年以上もそういう事をやってきたのだからそろそろ違うこともやりたい(やっておきたい)というのが本音ですね。
状況が許すならば幾つもの企画を同時進行させる事も出来るでしょうけれど、それだけの時間や稼動の余裕が取れるかどうかは‥‥正直言って難しいところでしょう。

アクティブ・ワークスの求めるところはインフラ作りです。
作品が評価される土壌を作るというベクトルで考えれば、ゼロからスタートして作品が多くの人に評価されるまでの一連の活動もまたひとつのインフラ作りになるのかなと思っています。

2009年08月23日

sai

「sai」というペイントツールをダウンロードしてみました。
そして、マニュアルを全く読まずに適当にお絵描きしてみたのが以下の絵です。

COPYRIGHT(C)2009 ActiveWorks Inc

鉛筆ツールで適当に絵を描いて、カラー塗りのレイヤーを上に張って筆で適当に色塗りしたものです。ペン入れレイヤー何それな感じだったのでペンは使ってません。なお、モチーフがあざといのは仕様です。
saiを使ってみた感想としては「それなりに直感的に使いやすい」「時折鉛筆ツールとか筆ツールとかが反応しなくなる(何度かアイコンを叩くと反応する)」といったところ。ちゃんとマニュアル読んで頑張って使いこなせればそれなりの絵が描けるのかなと思ってみたり。
ちなみに上の絵の前にもう一枚描いた絵があるのですが、自分で見てもイヤんなる痛絵になってしまい、修正しようにも手をつければつけるほど痛々しくなるので破棄しました。描いたそばから黒歴史とか、もう、ね。

幾つか言いたい事はあるのですが、取り敢えず「タブレットに慣れましょう」「水彩塗り以外の塗り方を覚えましょう」「つーかマニュアル読みましょう」といったところです。何枚か絵を描く練習をしてみて「今後も使ってみるか」と思えるようになったらライセンス購入する事にします。
いい加減、ペイント系ツールでまともな絵を描こうかと思っているのですよ。別にIllustratorで頑張っても良いのですが。

2009年08月24日

sai 2日目

ペン入れレイヤーとクリッピングマスクとレイヤーマスク(及びレイヤーマスクの適用)とレイヤーセットと自動選択ツール(主にパラメータ周り)の使い方を覚えました。ニコニコ動画にその手の講座用動画が上がっていて、大変勉強になります。
そしてアニメ塗りやるときは根本的な描き方を変えないとダメという事に今更気づいてみるテスト(Illustrator絵を描くときに既に理解している筈なのですが)。

次は影、影の影という感じの多段塗りの学習です。
クリッピング解除して、囲んで塗りつぶしてクリッピングの繰り返しらしいのですが。
‥‥どうも配色が決定的に苦手なので色について学んだ方が良いと思いました。
そんな訳で、konozamaで色彩関係の書籍を35,000円分くらいポチりました。適当に7冊くらい見繕ってポチりました(7冊全部が色彩ではなくてwebデザインの書籍も混じっています)ので読んで理解するだけでも結構時間食うことになりそうです。
webデザインの仕事をやるならば色周りの事は必須になるので必要経費(と言っても実際には自腹切る)って事で‥‥現時点でsaiのライセンス代の7倍位のカネを突っ込んでいる訳ですが、細かいことは気にしない方針で。
※未だsaiのライセンスは調達していません

取り敢えず、画像は未だ掲載しません。
昨日のエントリの絵をペン入れしてみようかと思って実際に下塗りまでやってみましたが気に入らないのでイチから描き直してみようと思ってます。


saiの勉強をしているから時間があるかと思われそうですが、正直なところ仕事が詰んでます。
忙しいときほど色々な事をやった方が良いと思うので、仕事にプライオリティを置きながら他の事も色々と取り組もうとしている次第です。中途半端で終わらないように時間配分を決めて、配分された各々の時間でそれぞれの事に集中する方向で。

2009年08月26日

雑記

saiについては少しお休みです。
前のエントリに書いた色彩やデザイン関連の書籍群が届きましたので少しずつ読んでます。
もっとも、この手の本は読んで終わりではなくて、実践して自分の中に経験として落とし込まないと役に立たなかったり、必要に応じて都度本棚から引っ張り出して使用しなければならなかったりしますので、ものによっては長い時間付き合わなければならなかったりします。
色辞典のようなものも届きましたが、これは流石に一度読んで終わりに出来る性質のものではないので、やはり実践する際に傍らに置いて何度も何度も参照するという使い方が良いでしょうね。


先週、2~3年位使い続けているコーヒーメーカーのガラス容器を床に落として割ってしまいました。その日のうちに早速ネットで検索して予備含めて2セット調達したのですが、それが今日になってようやく届きました。
ただ、時間が掛かったのもさる事ながら、宅配便の送り状の住所の記述に不備があり、宅配便の営業所から「番地が書かれていないから配送出来ない」という連絡が来る始末。今までそんな事はありませんでしたし、住所情報は正確に先方に伝わっているので、最初にその連絡があった時には流石に「何で?」と思った次第です。
本件について業者に連絡しようか検討中。形態は違えど商売やっている身としては「こういう事があったんで気をつけた方が良いですよ」と伝えた方が(その業者のためにも)良いのでしょうが、今後その業者を使う事は無いと思いますし別に腹立てている訳でもないので「まぁ良いか」とも思ってみたり。

まぁ、明日まで考えてみます。
実際のところ、連絡するといっても顛末書いた忠告メール一通送って終わりですし、別に文句言うつもりも詫び文貰うつもりもありませんが‥‥そこで仮に逆ギレされたり、詫び代わりにノベルティでも送るとかいう話になると色々とややこしくなるなと思うと面倒くさいなと思ってみたり。そしてそう思うと黙っていた方が良いのかなとも思ってみたり、何で先方の不始末でここまで考えてやらなアカンねんとも思ってみたり。
それにしても客商売って難しいですね。


よく、職場での出来事を漫画調にして描いている人がいますけど、流石にそれを自分がやったらマズイ事になるなと思っています。主に立場や職種的な意味でですが、取引先との契約条項に引っかかる点が多々あることや、下手したら名誉毀損の類で訴えられかねないという事もありまして。
自分で言うのもなんですがそれなりに(第三者的視点で見て)面白い事はあるのですが‥‥まぁ、こればかりは仕方ありません。

2009年08月28日

webデザイン

仕事の絡みでwebサイトデザイン案をひとつ作りました。
とは言え「案」という事でAdobe Illustratorで適当に組み上げたもので、htmlコーディングは行なっていません。3時間くらい掛けてトップページとコンテンツページのデザイン案を作り上げましたが、まぁ、当たり障りのないものが出来上がったと思います。システム仕様策定のために必要な暫定デザインなので、インタフェース部分と共通レイアウトの部分さえ分かれば充分なのです。
トップページのメイン画像のモックアップとしてsaiでイラストを描いてみましたが、そこだけ手書きというのも異様に浮くので手元の写真ライブラリから適当にピックアップして差し替えました。海外出張時に写真を沢山撮っておいて良かったです。

なお、デザインに際して、先日購入したデザインや色彩関連の書籍を参考にしました。
買ったそばから役に立って結構な話です。


今週末は選挙です。
事前投票に行っても良かったのですが、今回は当日に行ってきます。
どこに投票するかは既に決めているのですが‥‥何て言うか「コイツらに任せれば何とかしてくれるんじゃないか?」と心から期待出来る政党って日本に現れないものですかね。そんなの現れたら1930~1940年代辺りのときの国家社会主義ドイツ労働者党(通称:ナチス)みたいになるんじゃないかと思うのですが。取り敢えず「時代の風(ロマサガ3的な意味で。ヴィジョンを見せて人の心を捉える駆け引き技)」を使う政党が出てくれば、傍目には面白い展開にはなるのではないかと思いますが‥‥まぁ、現在の(誰もが目を背けている)状況を打破するには荒療治が必要だとは思うのですよ。


2003年9月から、文庫本ノートに色々と書き綴っています。
明日か明後日には19冊目の文庫本ノートを書き終わり、20冊目に取り掛かる予定です。
最初の一冊を書き終えるのに10ヶ月位掛けていましたが、現在では大体3ヶ月に1冊を埋める勢いで書いています。ちなみに内容としては日常の備忘録や考察に係る事柄でして、後になってから読み返すと「この時にこんな事があったんだ」と改めて思う次第です。人間の記憶なんて曖昧なものですから、その都度記録を取っておく事は大事だと思います。

ちなみに、手元には100冊近くの在庫を抱えています。
折角だからまとめて買っておこうと思って発注したのですが‥‥全部書き切るのに25年位掛かりそうなのですが。

2009年08月31日

8月末

仕事の方は仕様策定祭りを開催中です。
あと半月もあれば祭りも一通り落ち着くのだろうなと思っています。
‥‥今年も残すところあと4ヶ月ですね。時が経つのは早いものです。

選挙は民主党の圧勝でしたね。
取り敢えず年金保険周りと児童ポルノ関連がどうなるか注目といったところでしょうか。
特に児童ポルノ関連は、創作やってる人間の端くれとしては動向が気になるところです。

表現方法のひとつである「鏡花水月法」について色々と考えています。
要するにあからさまに表現せずに、対象物の事をありありと思い描かせる文書表現技法らしいのですが、ちょっと調べた限りでは具体例が無かったので、まぁ、そういう内容のものを自分で考えて描いてみろという話なのでしょう。検索エンジンというのも便利なようで不便なもののようです。というかここ数年は検索エンジンで探しても碌に見つからないようなものばかり疑問に思っているような気がしてなりません。

一軒屋と一軒家。
辞典的にはどっちも同じらしいですが、不動産業界では明確な使い分けがされていて、一軒家は住宅、一軒屋は店舗または店舗併用住宅の事を指すらしいです。

「なにかのひょうし」で、今更の如くR-TYPE FINAL(PS2 BEST版)を発注してみたり。
併せてR-TYPE ⊿も発注していますが、そちらの到着は(在庫切れにより)遅くなりそうです。
まあ、仮に到着しても遊んでいる時間は全然無いのですが。
ちなみに当方、R-TYPEはPCエンジン版を少し遊んだのと、沖縄のゲーセンでR-TYPE LEOを少し遊んだ位しか経験がありません‥‥R-TYPE FINALで全機体を出現させる事が出来るかどうかは微妙なところです。のめり込んだら一気に出現させてしまうのでしょうが、そんな事をしたら仕事の進行が‥‥。

文庫本ノートは20冊目を書き始めました。
C77進行次第ではありますが、年内に21冊目に取り掛かれることでしょう。

About 2009年08月

2009年08月にブログ「ActiveWorks blog」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2009年07月です。

次のアーカイブは2009年09月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.37