« いろいろ | メイン | 引越し進行中 »

混沌

ここ最近、身の回りの状況が混沌としています。
状況が進捗したかと思ったら手戻りが発生していたり、まったく予想もしていなかった状況が展開されたり、それぞれの状況によって今までと根本的に違う概念での対応が求められたり、新規に色々な事を学ばなければならなかったり‥‥一言で言うと「混沌」な状況となっていて、それにより様々な対応が求められているという状態です。
自分も結構いい年齢になっていますし、それなりに色々な経験をしてきたつもりではありますが、それでも網羅的と言うには程遠く、もし仮に網羅的を目指すのであればまだまだ経験が足りないという事を改めて感じ入った次第です。
思い通りに行かない事は多々あれど、それもひとつの試練と受け止めて、前向きに生きて行こうと考えています。


調達したは良いけれど、かなりの長期間放置されていた「VOCALOID2シリーズ」を触ってみました。ええ、「初音ミク」とか「鏡音リン・レン」とかいう例のアレです。
タイムライン上にマウスクリックで音を置いていき、音に対してどの声を発声させるかを指定して、「調教」と呼ばれる調整を行なってからwav形式で出力するというものなのですが、ちょっと使ってみるだけであればマニュアルを見なくても直感的に使えるのではないかと思いました。
単純に「らーらー♪」という風に歌わせるのであればさして難しくもないのですが、歌詞をアサインすると途端に難易度が上がるようです。更に言うと英語歌詞を歌わせるのが難しいです。この辺りは、専門書等を読みつつノウハウを蓄積しないとダメだと思った次第です。


コンセプトワークの重要性を改めて認識してみたり。
どれだけ知識や技術があっても、コンセプトがダメだと全部が全部台無しになるという事を改めて認識した次第です。人に対して何らかの表現をしようとする場合、その表現のコンセプトが「人が聞いて納得する」レベルでないとならないという事です。元々の目的の段階で人が納得出来なければ、そこから派生する表現は納得されないだろうと。
ある意味で当然の事ではあるのですが、人によってその納得の度合いやベクトルは異なりますので、その辺りの摺り合わせが必要なのだろうと思う次第です。


ものすごくどうでも良い話。

「饂飩と混沌って、小さいフォントサイズだと似て見えない?」

いや、何となくそう思っただけです。
ちなみに饂飩は「うどん」、混沌は「こんとん」です。

About

2008年10月14日 11:30に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「いろいろ」です。

次の投稿は「引越し進行中」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.37